自動車ローンの基本知識
自動車ローン用語集
自動車ローンの種類
銀行系自動車ローン
信販系自動車ローン
スポンサードサーチ
サブメニュー
お勧めリンク
■所有権留保

所有権留保とは、売主が売買代金を受け取るまでの担保として、引渡しの 終えたモノに対する所有権を代金が完済されるまで留保することをいいます。
自動車をローンで買った場合、ローンが完済されるまで、所有者がディーラー またはクレジットを組んだローン会社になっていることがあります。その場合 購入した人は使用者として登録されます。

 

購入者はローンを払い終えるまでは自分の所有物ではないので、勝手に処分 したり売ったりできないので注意が必要です。中古車などを購入するときにも 気をつけなければいけません。所有者が誰になっているか確認しましょう。
もし所有権留保された車を買ったとしたら、かなり面倒くさいことになります。

 

一般的に銀行や信用金庫、労金、農協(JA)などで扱っている「カーローン」 というのは自動車購入と目的が決められている目的別ローンです。
無担保ローンなので車の所有権も自己所有になります。 できればこのような金融機関で借り入れできれば一番いいと思います。

Copyrightc 2008 kinri-car.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。